ネスカフェドルチェグストのランニングコストはカプセル購入以外に何がかかる?

ネスカフェドルチェグストのランニングコストの説明をします。 ランニングコストというと、カプセルのコーヒーと水、あとは電気代でしょうか。 カプセルは一杯50円から100円くらいです。 お水は水道水で大丈夫。一杯何銭というレベルの金額です。 電気代も一杯何銭というレベルになります。 そうなると、問題は本体の金額ですが、公式サイトで定期便をお願いすると本体も無料になります。 ラ…

続きを読む

ネスカフェドルチェグストを購入するつもりだけどお試しはある?ネスカフェのお店やスーパーで試飲もやってます。

ネスカフェドルチェグストでコーヒーを飲んだことがないと、お試しをしたい気持ちになるのは分かります。自分は東京の原宿にあるネスカフェ直営のカフェで飲みました。行ったことはありませんが、神戸と博多にもあるようです。お近くならぜひ足を運ぶと良いと思います。 ちなみに知り合いがスーパーでの試飲をしたらしいです。にこやかに猛烈プッシュされて退散してきたと言っていました。商売ですから当然ですね。 そ…

続きを読む

ネスカフェドルチェグストでコーヒーの入れ方は?カプセル式の仕組み?豆や淹れ方まで含めて使用方法をていねいに説明。

ネスカフェドルチェグストでのコーヒーマシン入れ方はタンクにお水を入れ、コーヒー豆の粉が入ったカプセルをセット、あとはカップを用意して、湯量を合わせて、スイッチを押すだけです。 コーヒー豆のカプセルはたくさんあり、ハンドドリップのようなコーヒーを飲むこともできますし、最大15気圧もの圧をかけて淹れることも可能なので、本格的なエスプレッソを飲むこともできます。カプセルの仕組みは豆を挽いた粉がに…

続きを読む

ネスカフェドルチェグストのアイスコーヒーは氷で薄くなる?アイスカプチーノはお水で抽出だから大丈夫。アイスコーヒーブレンドは氷で冷やしてもばっちりおいしい。

ネスカフェドルチェグストにはアイスコーヒーブレンドやアイスカプチーノというコーヒーがあります。アイスで飲むように用意されたものなのでとてもおいしくいただくことができます。 アイスカプチーノは最初から水で淹れるようになっていますから薄く感じません。アイスコーヒーブレンドはお湯で淹れて、氷で冷やすタイプですが、もともとアイス用にできているのでとてもおいしくいただくことができます。 ネスカフェ…

続きを読む

ネスカフェドルチェグストのマニュアル型って?面倒?オートストップがあるとコーヒーを淹れながら他の準備ができるよ!

ネスカフェドルチェグストのマニュアル型?オートストップ型?ネスカフェドルチェグストにはマニュアル型とオートストップ型のコーヒーマシンがあります。カプセルをセットし、スイッチを入れて、お湯が出てくる量を見て、自分で止めるのがマニュアル型です。オートストップ型は、カプセルに表示されているメモリに本体にセットすれば、お湯の量コーヒーに合わせて自動でとまることを言います。カプセル式のコーヒーメーカー…

続きを読む