ネスカフェドルチェグストの使い方・仕組みは?カプセルの入れ方は?普通のコーヒーメーカーとは違って使用方法はホントに簡単です。

DSC_1073_t2.png

ネスカフェドルチェグストは手軽にコーヒーを飲むためのものですが、カプセル式のコーヒーマシンを使ったことが無い人にはイメージしづらいかもしれないですね。

簡単に言ってしまうと、

水をタンクにセット→電源をオン→カプセルをセット→コーヒーカップを置く→メモリを合わせてレバーを倒す

以上です。コーヒーが入ったら、自動でレバーが戻るのでカプセルを捨てればOKです。電源もしばらくすると消えます

ホントに簡単です。簡単さを追求するとこんな形かなといつも思います。

現在、本体無料レンタルのコーヒー定期便がとってもお得です。コーヒー17杯入りのバラエティカプセルパックラテマキアート8杯分も無料でもらえます。



コーヒーが好きなら、よくカフェに行くかと思います。

ミルでコーヒー豆を挽いて、豆の粉をペーパーにセット、お湯を沸かして、湯温調整、ハンドドリップしてと優雅な感じで良いですよね。

しかし、いざ自宅でやろうと思うと、まずはドリップ用のポットを出して~という感じですし、コーヒー豆を挽くミルを出して~と、やっぱり大変ですよね。
あとで全部洗って片づけることまで考えるとけっこう手間がかかるんですよね。

コーヒーメーカーはコーヒーを手間なく簡単に飲むために作られたものです。その中でもネスカフェドルチェグストはほんとに簡単に本格的なコーヒーを飲むことが可能です。

ネスカフェドルチェグスト仕組みを説明すると、

背面に着脱式のタンクがあり、このタンクに水を入れて、ネスカフェドルチェグストにセットします。

電源スイッチを押すと、タンクから水が本体に送られ、水を沸かし適温に上げてくれます。

本体正面にある銀色のレバーを上げます。これが思ったより力が要ります。理由はコーヒーを淹れる際になんと15気圧の圧力でコーヒーを淹れるためにしっかり密封する必要があるのです。

レバーを上げたら、カプセルホルダーを取り外し、カプセルをセットレバーを下げます。このカプセルには、ネスカフェが産地や収穫時期、焙煎にこだわった豆がすでにセットされています。

抽出レバーを操作して、メモリをコーヒーカプセルに合わせます。コーヒーの種類によって最適なお湯の量が違うのでここでお湯の量を調整します。そしてレバーを左右いずれかに倒します

カプセルに針を刺し、そこからお湯を注ぎます。15気圧かけてコーヒー淹れるので濃厚でクレマたっぷりのエスプレッソも美味しく淹れることもできます

コーヒーカップをセットすることもお忘れなく、カップを置く台も高さ調整が可能ですから、調整しておきましょう。

以上が、仕組みと使い方になります。使用方法を文字で書くと一見難しいですが、一度操作したら迷うことは全くないです。お子さんでも楽勝です。

いろんなコーヒーメーカーがありますが、本格的なコーヒーが飲めて、これほど簡単なものはありません。本当にオススメです。15種類以上ものコーヒーが楽しめるなんてのも他にはないですよ。

ぜひ楽しいコーヒーライフを始めてください。