コーヒーメーカーの買い替え・購入を検討しているならネスカフェドルチェグストはどうですか?簡単・便利で、いろんなコーヒーが楽しめますよ。

DSC_0683.jpg

コーヒーメーカーの種類はどんなものがあるんでしょう。先日知人が引っ越しに際してコーヒーメーカーを買い替えようかと思っていると話していました。


その場でいろいろ検索してみたのですが、コーヒーメーカーはほんとにたくさん出ていますよね。ちなみに価格.comに登録されていた製品数は350。有名なメーカーと言えば今はデロンギあたりでしょうか。


知人にも説明しましたが、おおよそ4種類に分けられると思います。


1.インスタントコーヒーを簡単に入れるタイプ
2.コーヒーの豆や粉を用意してお湯を入れてフィルターを通すドリップタイプ
3.カプセル式のタイプ
4.エスプレッソが淹れられるタイプ


のインスタントコーヒーをいれるタイプはネスカフェゴールドブレンドバリスタがCMでも出ていて有名ですね。ネスカフェアンバサダー~♪のやつです。

インスタントコーヒーをタンクに入れて、水を用意してスイッチオンなので簡単です。最近のCMではペットボトルに入れたコーヒーをアイスとして楽しむためのものも出ています。

これが一番手間なく簡単にコーヒーが飲めます。最近のインスタントコーヒーは侮れません。おいしいですよ。そしてネスカフェはインスタントコーヒーと言わず、ソリュブルコーヒーといいます。コーヒーの粉をカプセルに入れるイメージです。


のドリップタイプが一般的なイメージかもしれませんね。スーパーやコーヒーショップで豆を買ってきて、コーヒーメーカーにセットしドリップして飲みます。ペーパーフィルターや金属タイプのフィルターを通して淹れます

なお、コーヒー豆は挽く必要があるのですが、コーヒー豆を挽くのにミルが必要になります。ミルを買っても良いですし、コーヒーメーカーにミルがついているものもありますので好きなものを選ぶと良いと思います。挽いたばかりのコーヒーはやはり香りが良いですよね。

ペーパーフィルターが必要だったり、豆のカスを捨てたりと若干手間がかかります。


のカプセル式のタイプはネスカフェドルチェグストやネスプレッソが有名です。両方ともネスカフェが出しているものですが、もう何年も販売されている人気のコーヒーマシンになります。

カプセルを多種類持てば、毎回違う味を楽しむことができます。手間もカプセルをセットして、水をタンクにいれ、スイッチを入れるだけですから簡単です。

コーヒーもミルで挽いてすぐにカプセルに入れるので香りも良いです。また、カプセル式の利点として気圧を高くしてコーヒーを淹れられるので、泡のクレマたっぷりのエスプレッソも淹れることができます。


のエスプレッソマシンはカプセル式でも説明しましたが、高気圧で濃厚にコーヒーを淹れるマシンです。エスプレッソ好きにはたまらないコーヒーメーカーです。デロンギやサエコが有名です。

ちなみに本体がかなりの値段で入門機というレベルでも何万円というレベルです。豆を挽くサイズをコントロールしたり、フォームミルクがつくれたり、自動洗浄までついていたりします。

普段のお手入れは豆のカスを捨て、トレーが汚れたら掃除程度です。ちなみに2のようなドリップコーヒーも淹れられるタイプが多いのでエスプレッソも楽しみたい方は検討していいと思います。


コーヒーメーカーは本来コーヒーを手軽に楽しむためのものです。自分で豆を挽いたり、お湯を沸かしたり、ドリップしたり、、、もろもろを簡単にするものですよね。

味わいは豆の挽き方やコーヒーの淹れ方でやはり変わります。しかし、一番大事なのは、個人の嗜好です。そして、それを満たすかは豆次第なんです。好きじゃない豆をすごいコーヒーマシンで淹れても好きにはなれないんです。

そして、いろいろ話した結果、知人は3のカプセルタイプでネスカフェドルチェグストを選択しました。コーヒーショップで普通に売ってるブレンドコーヒーも好きだし、エスプレッソも飲むんです。知人の奥さんもいろいろ飲みたいというのです。公式ホームページから定期便申し込みで本体が無料というのにもひかれていました。

キャンペーンでバラエティパックがついているのでいろいろ楽しんだとのことです。乾燥を聞くと、共働きで忙しいので楽って。いや、味は?って話ですよね。香りも十分だし、いろいろ楽しんでるみたいです。ミルク系がほっとすると奥さんも満足らしいです。

コーヒーメーカーの購入・買い替えを検討中なら、ネスカフェドルチェグストはどうですか?ほんとにおすすめです。